社員教育を行う際は計画を立てる

アルバイトに応募して面接を受けると、後日、アルバイト先に行くことになります。

教育は、アルバイト先でも

社員教育を行う際は計画を立てる アルバイトに応募して面接を受けると、後日、アルバイト先に行くことになります。その時、指定された衣装に着替えて、研修を受けることになります。どこのバイト先でも研修があるのですが、この研修をすることによって、社員、バイトの方全員同じことを行なえるようになるので、経営する側としては、教育をすることは欠かせないです。

接客のアルバイトですと、お客様との対応の仕方など教わることが多いです。接客に厳しい所ですと、おじぎの仕方から指導されることがあります。アルバイト先で着られる衣装は、そのお店の看板を背負ってるので、個々に好きなようにすることが出来ないので、きちんと研修を受けることが大切です。

誰でも、バイト先の先輩方と同じように出来ることは少ないので、教わったことを正確にゆっくりでいいので、出来るようになることです。先輩方は、仕事になれてるので、出来るのは当然です。学生の方は大人ですので、先輩方との言葉遣いに気を付けることです。新人は、同僚とのコミュニケーションが出来るかが長くバイトを続けるために必要なことです。


Copyright(c) 2019 社員教育を行う際は計画を立てる All Rights Reserved.